現在は色々な経営スタイルのメガファームが増えていますが、中でも当社の経営は基本に忠実、かつ、手がける分野は幅広く、様々な可能性を秘めています。

 

生乳生産はもちろん、仔牛を育て将来の生産へと繋げる後継牛の育成や、自社の生乳を使用したソフトクリーム等の乳製品の販売。繁殖の自己管理や、バイオガスプラントの導入による糞尿を利用した発電事業など。飼料を作るための畑を一元管理するTMRセンター事業も手掛けています。

 

また、人財の成長に特に力を注いでいます。企業として一般職から管理職を育てることはもちろん、組織体制を整えることを意識しています。上司と部下の関係が良好であることや、普段から冗談を言い合える関係性を築くなど、企業が存続するために大切なことを見失わないことが、今後の畜産業界を乗り切るために必要だと考えています。

専務取締役 松村 孟(まつむら はじめ)

専務挨拶

​MESSAGE